秋だねぇ〜。脱力系でいこか。

我が家の窓辺は美しい。だって桜の葉っぱが綺麗な茜色。お日様にキラキラ輝いて「ハァ〜、美しい」。幸せだね。
12月2日から3日間のイベント、12月2日の参加者が居ない。共同主催者の友人に誰も居ないから12/3から2日間にしない?と勇気出して言ったら、あっさりOK!たとえ意味なくとも決めたことは貫かねばならぬ〜な私のマインド、また一つ脱皮できたような。。。
学校から帰って来た息子にイベントが一日遅くなったから、明日金曜日学校に行けるけど、行く?と聞くと、休む気満々の中二男子なる自由人、「行かへんよ〜!休むよ〜」とニコニコ笑顔。学校は行かねばならぬ所!とガチガチガテン系昭和な私から平成生まれの息子をみると力が脱ける。特に息子は「頑張る」、「勝たねばならぬ」の概念がないのだ。引いて引いてフラットな心でみたら、どうみても息子の方が幸せそうだ。この息子のお陰で、私はガチガチに硬くて重い鎧を一枚づつ剥いで脱皮している感じ。しかし、何枚鎧をつけてるの私?まだ、あるよ。
勤め人してないから、定期収入がない。金欠状態にもうすぐ陥る恐ろしさに戦々恐々。まだ、ちょっとはお金あるけど、減るのが怖い。一泊多く、大阪にいることになったから、冷蔵庫に夕食の食材なし?何する?返さねばならぬたこ焼き機、いつでも良いよ!と言われて、そうだ!たこ焼きにしよう。あるものでできるかな?タコはないから、買ってこなきゃいけないけど、小麦粉でたこ焼き粉作れるか?ネットで調べる。昨日の残り物のおでんのお汁使えるね。たこ焼きソースがないぞ!調べると出てくる。便利な時代だ。昭和生まれは、いちイチ感動。レシピ本を買わなくて良い。
近所の商店街で、タコ買って、スーパー玉出でのどごし生買って、たこ焼きソースの誘惑に負けそうになったけど、勝ったぞ、誘惑に。また、自分の決意と戦っている私。家帰って、コタツでダラダラ、ゴロゴロしながらYouTubeみて至福の時を過ごしている息子。ahaha、幸せそうだ。何よりだ。またまた、たこ焼きソースの誘惑と戦って居た私に氣がついた。桜の木に囲まれた古いマンションの一階が私と息子の家。窓辺から見える桜の木にしがみついているのや〜めた!と茜色の葉っぱたちは風に身を任せてハラハラ落ちてゆく。色々いろいろ、楽チンな生き方ってあったんだ。
秋の風、なすがままの葉、美しい 自然のままに たこ焼きうまし

コメント

非公開コメント